賃貸での経営と空室対策

街

賃貸での経営と空室

不動産経営には様々なものがあるが、その1つとしてあるのがマンション経営である。不動産経営においてはリスクが伴うが、マンション経営においてもそれは変わらない。賃貸でのマンション経営における大きなリスクとしてあるのが、空室の発生である。賃貸でのマンション経営にて空室が発生することで、その部屋から収益を上げることができなくなる。しかし、マンションを所有することで税金や管理費などが必要になる。その為、空室が発生することはマンション経営において大きなリスクとなっている。空室のリスクについては、家賃の引き下げや古いマンションではリフォームで資産価値を上げることなどの工夫を行うことで軽減が可能な場合も多い。

業者活用

賃貸でのマンション経営における空室リスクを軽減する工夫として、一括借り上げを活用するということがある。一括借り上げは、物件の運営を業者に一括して委託する方法である。不動産業者などにマンションを一棟全て借り上げてもらい、予め決めた金額を毎月受け取る方法になる。空室発生のリスクを業者が引き取る分、得られる収益が下がる可能性が有るが、決められた収益は確保できるため、リスク回避が可能になる。また、毎月受け取れる金額を予め決めることができるため、論返済の計画も立てやすくなる。さらに、これらを活用することで管理面も全て業者に委託できるため、管理の手間を省く上でもメリットが多くなる。一括借り上げの活用は、リスク回避と管理の負担軽減で効果が見込める。